高血圧動物園

高血圧を改善する主要な薬の全薬品名とその効果

高血圧を改善する方法として、最も大切なことは、定期的に健康診断を受けることです。高血圧の症状はわかりにくいとされており、健康診断によってきちんと数値を確認することで、病気を早期発見できるようになります。
健康診断の結果、治療が必要な高血圧だと判断されると、降圧剤が処方されます。降圧剤は高い血圧を下げることによって、正常な血圧を維持し、血管のダメージを減らす効果があります。
降圧剤の主要な全薬品名と特徴について解説すると、まず全薬品名として、カルシウム拮抗薬、アンジオテンシンII受容体拮抗薬、アンジオテンシン変換酵素阻害薬、利尿薬、β遮断薬があります。この5種類が医療機関で主に利用される、全薬品名です。β遮断薬は、α遮断薬も含んで、分類されるケースがあります。
カルシウム拮抗薬は、血管を内側から広げ、血圧を改善してくれます。血圧が上昇する理由に、血管の細胞の萎縮がありますが、この状態を和らげる効果が期待できます。高血圧の他、狭心症の治療にもよく使われます。
アンジオテンシンII受容体拮抗薬は、アンジオテンシンIIという物質が、受容体と結合するのを防ぐ効果があります。受容体と結合することで血圧が上昇しますので、結果として血圧を下げる効果がもたらされます。
アンジオテンシン変換酵素阻害薬は、アンジオテンシンIIの発生の元になる、変換酵素の働きを阻害します。
利尿薬は尿の排出を促し、血液中の水分量を減らして、血圧の改善を目指すことができます。水を取り込みやすいナトリウムの排出を、促進する作用もあります。
β遮断薬は、心臓の過剰な働きを抑制する効果があります。これによって心拍数が下がり、同時に血圧を下げることができます。