高血圧動物園

手のしびれは高血圧のせいか低血圧のせいか

 高血圧とは上が140以上下が90以上のことをいいます。以前は135以上、85以上でしたが、しかし、血圧は一定ではありませんので、140だから、大丈夫とは言い切れません。小走りしたり、興奮したりすれば、血圧は30ぐらいはぽんとあがります。120前後が一番いいでしょう。低血圧は上が、100以下で、下が50以下ぐらいです。
 高血圧の場合は脳の血管が破れたり、詰まったりした場合、片側の足や手のしびれがあります。手だけや足だけしびれるのであれば、脳梗塞や脳出血ではありません。顔もしびれて、よだれがでたり、口角が片方だけ下がったりして、手のしびれ、足のしびれがあり、動きにくいのであれば、すぐに大きな病院に行きましょう。救急車を呼んだほうがいいかもしれません。
 低血圧でも手のしびれがある場合もあります。要は血液の圧が低く抹消の血管まで血液、血流が悪くなるからです。そんなときは手をお湯で温めたり、さすったり、ブラブラと動かしたりすると血圧も上がりしびれも良くなります。運動の習慣をつけるといいです。
 高血圧は減塩食にしますが、低血圧は塩分をとりましょう。低血圧の人はよく夏に倒れたりするのは、汗で塩分が失われるからです。常にミネラルウォーターや塩飴や乾燥梅などを持ち歩いて、しんどい時は食べるとちがいます。毎朝、梅干や佃煮をとるのもいいです。
 他には、首の神経を痛めると手がしびれることがあります。高血圧でも低血圧でもなく、手のしびれが長く続くようなら整形外科を受診しましょう。首の筋肉の緊張をやわらげる薬でよくなることもあります。パソコンやスマホなどを長時間使うと、首の筋肉が緊張したり、骨が曲がったりします。1時間に1度は遠くを見たり背伸びをしたりしたほうがいいです。パソコンの下に台を置くと、少し首が楽です。スマホもできるだけ高い位置にして見るようにしましょう。